ロゴストロン, 健康, 電磁波

大地に触れよう

先日、七沢研究所の隣にある、ふとまにの里をスタッフ数名で掃除したんです。

夏ですからね。雑草も伸びていますし、イベントの前に掃除をして、気持ち良くお客様をお迎えしたいなと。

大地に触れて、アーシングしよう!

途中、川の中に足を入れて掃除もするので、靴を脱いで裸足で芝生の上で作業をしたのですが、気持ちいいんですよ。

春先まで、まだ緑など全く無かったのに、今は一面の芝生が色鮮やかで、田んぼや、草木もすくすくと成長しています。

普段、僕らはほとんど大地に直接触れなくなっていますよね?地面にしっかりと敷かれたアスファルトの上をゴム底や革底の靴で歩いています。

今年の春先まで、車のドアに手を近づけると、毎回バチっ!と来て、どうして冬でもないのに静電気が溜まっているんだ?!と思っていましたが、僕らの体が帯電しているんですよ。

子供の頃やった、下敷きで髪の毛をこするヤツ。あの状態ですね。

先日受講した、電磁波測定士の講座によると、この50年間で電気の使用量というのは10倍に跳ね上がっているのだとか。

確かに、昔に比べて、電気を使う量って、明らかに増えてますものね。以前のコラムでも電場というものが問題であることをお伝えしましたが、今は常に下敷きで体を擦りまくっている状態なんだと思います。

だから、車のドアで、毎回バチバチしていたのです。

ちなみに、電磁波対策をしたら、「バチっ!」は全く起きなくなりましたね。

多分、僕と同じように、静電気でバチっ!と来る方、いまは多いと思います。

Nigiとプラグインアースの組み合わせはオススメ!

ロゴストロンNigiをお使いの方は、別売のプラグインアースを組み合わせると、この帯電は一瞬で抜けますし、たまには外でアーシングすることでしょうね。あと、家電品はできるだけアースを取ること!それに、使わない電源は抜くこと。

もし、七沢研究所の講座やイベントなどで甲府へ来ることがあったら、ぜひ、「ふとまにの里」にも立ち寄ってみてください。

そして、裸足で芝生の上を歩いてみて欲しいのです。「ふとまにの里」は、大黒柱が土中に埋設してあるので、ただ地面に触れるだけで、スーっと落ち着くのが分かると思います。緊張感が取れるというか。

子供の頃は、海の近くに住んでいたので、自宅から歩いて10分ほどで砂浜に行くことができました。

子供の頃からゲームばっかりやっていたけれど、アーシングは自然とできていたように思います。

昨今は、気密性の高い住宅に住んでいて、その中には電磁波がこもり、自然が少ない中で僕らは暮らしています。

以前のコラムで「相似形でできている」という話しを書きましたが、僕らは大地からエネルギーをいただいて生活しており、この大地に実る命を頂いているのですから、体は大地と隔離されているというのはおかしな状態なんですね。

なるべく、アーシングする機会を持つこと。家の中の家電類を適宜アーシングすること。

ぜひやってみてください。体の緊張感がほぐれて、バランスが整うと思います。

大地に触れよう”への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)