お金, ロゴストロン, 健康, 意識進化

お金に折り合いをつける

ロゴストロンとお金。今日は一番ストレートなテーマについて書いてみます。

お金は、最も多い悩みであり、避けては通れないテーマだと思います。

ロゴストロンとお金について考える。

僕自身も、最初はビジネスの成功を願っていましたし、お金がジャンジャン儲かればイイやと思っていました。

「いいや、私は違う!」…というのなら、止めはしませんが、自分の中で、素直にお金の悩みがあるなら、それは認める必要があると思います。認めてしまわないと、うっ滞するからです。

その上で、「お金に折り合いをつける」というテーマを選んでみました。

お金にお悩みをお持ちの方は、年収いくら、とか、月収でいくら・・・という数字で願いを叶えようとします。

それで、「実現しないんです!どうしてでしょうか?!」と何度も質問を受けています。

正直、僕にも分かりません。いや、もうちょっときちんと答えるなら、「どうしたいのか?」ということです。

例えば、時給千円のアルバイトをしていたとして、「私は、月収100万円になった!」と発信しても意味はありません。

ところが、こういう発信をしている人をこれまで何人も見てきました。

で、「いや、それは物理的に入ってくる可能性が無いのだから、実現しませんよ」と伝えています。

ロゴストロンは打ち出の小槌ではない!

当然のことですが、ロゴストロンは打ち出の小槌ではありません。

意志を実現するためのサポートツールです。収入を増やしたいのであれば、それに即した行動なり、事業なりが先になければ、そもそも収入が増えることはありませんね。

・私は、◯◯の事業を行っている。

・私は、◯◯の事業を共に行ってくれる、最適なパートナーと巡り合った。

・私は、◯◯事業を行うパートナーと共に、◯◯◯を普及させた。

・私は、◯◯事業を、年xxの割合で、普及させ、売り上げを◯◯%まで引き上げた。

・私は、◯◯事業の普及・拡大を通じて、最適な収益を得た。

・私は、◯◯事業の普及・拡大を通じて、公の発展に貢献した。

…ザックリとですが、上記のように、セオリー通りの構文を作成したとします。

しかし、その事業が自分の望む収益を生み出すものでなれば、そもそも意味がありません

例えば、時給千円のアルバイトが、もの凄い努力によって、時給1500円にまで上がったとして、1ヶ月間、24時間ぶっ通しで働き続けなければ100万円を超える収入を手にすることはできませんね。


しかし、ここで考えなければならないことがあります。

そもそも、100万円の月収に何か意味はあるのでしょうか?

「お金が沢山ある!リッチな気分♪」

それは仰る通りです。しかし、時給換算で月収100万円を得ているのだとしたら、それはどこまで行っても直線的な努力であり、線形の人生を抜けられません。奇跡でも何でもない、単なる普通の努力です。

苦労して、100万円の月収を得たところで、あなたが「意識進化」する時間を持てないのなら、それは一生を「作業」に費やしているのと同じです。

あなたの人生には何の学びもない。お金の奴隷で一生を終えると言っているのと同じだと思います。

ロゴストロンにはバランスの取れた構文を入れて。

僕は、自分の親しい人に、億を超える資産を築きながら、実りの少ない人生を歩んでいる方を何人か見てきました。

あるいは、溢れるほどの能力を持ちながら、会社という枠の制約を受けて、十分な収入を得ること無く、黙々と仕事を続け、体を壊し、結婚もできない方も知っています。

僕が思うに、どちらもバランスを欠いている。

溢れるほどのお金があっても、得たものはそれだけで、後になって人生に後悔が残る。

あるいは、溢れるほどの才能があっても、それが適切な幸せには繋がっていない。

僕はビル・ゲイツではないし、アラブの石油王にもなりたいとは思わないけれど、自分らしい人生を歩みたいと思います。それはどうやら、お金ではない。

お金はあればそれに越したことは無いけれど、なんに対しても「そろばんずく」であっては、人生をお金に支配されていると思うのです。

お金は、そもそも等価交換の道具です。必要な時、必要な分があれば良い。料理にかける一振りのスパイスのように、ちょっとはアクセントを効かせても良いけれど、それに拘り過ぎれば、エグい一皿になるように、お金に囚われ過ぎると人生はお金に支配されてしまいます。

意識進化すると、お金の距離感が良く分かるのですが、最初はとにかく、ここをまず乗り越え、その先へ進むためにお金の階層は終わらせること。お金で人生をダメにしないことが大切かなと思います。

ロゴストロンでお金に関する構文を作成して発信することは何ら問題ではありませんが、際限の無い富の追求を前提とした構文は、自分に反転を招くと思います。お金に支配されないよう、バランスの取れた構文を設定するようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)