お金, ビジネス, 意識進化, 現実創造

仕事を通じて意識進化する

こんにちは。国際ロゴシスト協会のたなべです。

僕は、ずーーーっと考えていることが1つありまして、私たちはなぜ仕事をするのか?という素朴な疑問を常々持っています。「そんなの、生きるために決まっているだろ!」とか、「生活のために働いています」など、必要に駆られてという考えがある一方で、「ビジネスで成功してリッチな暮らしをしたい!」とか、「自分を表現するため」などの考え方もあると思います。

なぜ仕事をするのだろう?

僕の古くからの地元の知り合いで、ビリヤードが一番の趣味のという友人がいます。就職先も趣味のために選び、たまに会うと、その界隈のネタで盛り上がったものです。

もう長いこと会っていないので、結婚したのかは分からないですが、多分していないのでしょう。そして、もし今会えば、またビリヤード関連の話題で盛り上がるのかも知れません。

彼の中では、ビリヤードを中心とした「環世界」なのかも知れませんね。それで十分に世界は循環しているのです。

ただ、趣味を優先するために、「仕事は趣味のための作業だと思って割り切っている」と僕に語ってくれた時のことは、今でもよく憶えています。どうしても、その一言がもの凄く引っ掛かったからです。

一日8時間仕事をしたとして、週5日。月に160時間。年間では、1920時間。もし、20歳から、65歳まで45年間休まず働いたなら、86,400時間ですか。日数だと3,600日。ほぼ丸10年です。

僕らは、莫大な時間を、”仕事” に費やしていますね。

それが、”作業だと思って割り切っている” …のだとしたら。人生って、一体何なのだろう?と僕は思います。

彼が愛して止まないビリヤードだって、仕事に費やす時間に比べれば、ずっと短いワケですから・・・。

「意識進化」を仕事の場で実践する。

先月だったか、七沢研究所の会議の場で、大野さんが「我々は、意識進化を仕事の場で実践するしかない!」ということを仰っていました。

その一言を聞いた瞬間、「あー、そういうことか!」と僕の中で話しが繋がりました。

僕が長年引っ掛かっていた、その彼の一言。「仕事は趣味のための作業だと思って割り切っている」は、確かに、趣味だけを考えるのならそれで回るのかも知れない。

ただ、人生を振り返った時に(自分にはそれしか無い)という、どうしようもない虚無感を僕は懸念したのだと。

仕事をして、恋愛をして、趣味を持って、家族を大切にして、自己研鑽をして・・・。

僕はかつて、こんな風に人生を捉えていました。それを達成するためには、いわゆるタイムマネージメントできっちり自己管理するしかない…というイメージです。

しかし、僕はタイムマネージメントが最も苦手です(笑)。できないんですよ。そんなに、キッチリとした性格じゃないんです。

人生をタイムマネージメントにしない。

当時勤めていた会社からも、毎年、「業務目標を立てる」というプロセスがあり、これがとにかく苦手でした。自分の立てた業務目標を達成しようとすると、家庭の時間を削るか、睡眠を削るか、業務を犠牲にして、仕事中に資格取得の勉強でもするか。目標を達成するためには、時間の引き算というか、トレードオフをするしかないと思っていたからです。

いま、当時を振り返ってみると、そもそも僕自身も「生きるために仕事をしていた」のだと思います。僕の知人と、仕事に対するスタンスには全く変わりなかったのです。

だから、「業務目標を立てる」と聞いただけで、大きな仕事を1つ新たに積み上げられているイメージでした。とても負担に感じていました。

大野さんが仰っていたのは、「意識進化」「仕事」「私」「公」を統合して、日々を生きて下さいねということです。

まるで、串刺しにするバーベキューのように、これらを同時にやらないと、何も達成できずに人生が終わってしまいますよ、それが望みですか?と、僕らは問われているワケです。

七沢研究所グループという組織の中では、様々な役回りがあるので、一人が1つのタスクのみを請け負っているということはありません。各スタッフが、様々なタスクを瞬間、瞬間で切り替えながら複数請け負っています。

それは、自分の「意識進化」に応じて、また変わっていくのだと思います。もちろん、1つの仕事を一生、職人技として受け継いでいく方もいらっしゃいますが、私たちは、仕事を【作業】などではなく、人生そのものであり、私であり、生きがいであり、意識進化の学びであり、公の創造と、自分の中で統合させて、そこに携わっていかなければ、人生を振り返った時に、何も残せず終わってしまう。生きている意味が無いのだと思います。

たとえ、いまの仕事に就いた動機が、「生きるため」であったとしても、自分の中の定義を変えてみて下さい。

「私の意識は、全てを創造しています。」これは、ロゴスタディ・ベーシックで習う、一番大切な概念の1つです。

意識付けが変わると、仕事の意味が変わり、仕事の意味が変わると、環境は変化します。周りの反応も変わることに気付くハズです。

文字通り、仕事の中で「意識進化」を実践して頂けたらと思います。

仕事を通じて意識進化する”への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)