d.M, お祓い, ビジネス, ロゴストロン, 和の成功法則, 意識進化, 鎮魂

成功を点で求めるべきではない

ピンポイントで成功を求めていませんか?

私たちは、人生において成功を求めるとき、ついつい、点で考えてしまいがちです。

ビジネスの成功、経済的問題の解消、健康の回復、パートナーとの関係改善…などなど。しかし、その方法では、いつまでも問題は解決しません。

お金で問題が解決すると思っていた、あの頃…。

お恥ずかしい話しですが、僕は結婚したての頃、妻としょっちゅうケンカをしていました。

僕は、その理由をパートナー のせいにしたり、経済的な問題に求めたり、仕事のストレスが伝播しているのではないか?…など、当時は本当に悶々と悩んだものです。

悩みが堂々巡りをして、頭から離れず、初めて買った愛車の側面をぶつけてしまい、心底凹んだのを思い出します。

その当時は、毎日疲れきっていました。毎日毎日ボーッとしていて、頭が冴えて仕事がサクサクと捗る…なんてのは、週に1日あるかどうか・・・。

「卵が先か鶏が先か」と言いますが、僕にとっては、問題が多すぎて、一体何を解消すれば人生はうまく行くのか、冷静に考えることすらできませんでした。

唯一解決できそうなもの。…それを僕は、長い間、お金だと思っていたのです。

お金があれば、あらゆる問題は解決する?

以前のコラムでもお伝えしているように、お金だけを稼いでみたところで、本質的な問題は解消しません。

僕はロゴストロンを持ちはじめの頃、急激にビジネスの売上が伸び始めましたが、サラリーマン時代よりずっと多くの収入を手にしても、問題はちっとも解決した気がしませんでした。

その当時は、何が悪いのか全く分からなかった。問題は、依然として外側に無尽蔵に広がっているように僕には思えました。

たとえば、極寒の地において、寒さを解消するために、猛烈な勢いで、溶接用のガスバーナーで炎を燃やしたとして、寒さは解消できるでしょうか?

ガスバーナーの炎で寒さは解消するだろうか?

成功を点で求めても、解決できない。

ちょっと考えれば分かるように、ガスバーナーで炙る炎はピンポイントで熱くなるだけで、全体を温めることなど到底ムリですね。

暖を取ろうにも、炎の部分だけが極端に熱を持ち、扱いにくいことこの上ありません。

炎を消した瞬間に、元の極寒へと戻ってしまうことでしょう。

私たちを取り巻く問題というのは、これと良く似ています。

・健康のために運動をする、
・新しい資格を取る、
・コミュニケーションの勉強をする、
・ビジネスセミナーに通う…。

こうした努力を単発でやってみても、「私」という存在全体が整わなければ意味がありません。

「頭隠して尻隠さず」が延々と続くのです。

祓いや鎮魂(d.M)で自分の土台を整え、ロゴストロングッズを使い、「和の成功法則」を学びながら、全体のバランスを取りながら意識進化する。

「私」という存在は、健康もビジネスも人間関係も、全てが同居して存在しています。「私」という全体の存在を無視して、ピンポイントで成功を捉えるべきではないでしょう。

七沢先生はこれを「同時共時」とか、「走りながらパンクを直す」などと喩えてお話してくださいます。全体でバランスを取りながら進めることが大切なのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)