お金, ロゴストロン, 現実創造

ロゴストロンで宝くじに当たるのか?

ロゴストロンで宝くじに当たる?!

ロゴストロンでゼロ磁場コイルの上に紙を載せている人、いわゆる「紙載せ」している方は沢山いらっしゃると思います。

ロゴストロンの扱いに慣れてくると、紙載せでも、結構意志が実現するんですよね。ゼロ磁場コイルに色んなモノを載せている方も多いハズです(笑)。では、宝くじなんてどうなんでしょうね?

宝くじに当たっている人がいる!

…という話がありまして、海外でCFB35KHZをお使いになっているヘビーユーザーの方ですが、これまで何度も宝くじに当たっている…と。

インターネットで検索しても、実際に宝くじをロゴストロンLに載せている方がいるので、潜在的には多くの方が、「紙載せ」ならぬ、「宝くじ載せ」をやっているものと思います。

宝くじを載せて良いのか?不謹慎ではないのか?…という方もいらっしゃるのかも知れません。

僕は全く問題無いと思います。むしろ、どんどんやってみて欲しいくらいです。

それで、結果がどうなるか。あるいは、その結果から何を感じるかを客観視して頂きたいなと思います。

なぜ、宝くじに当たる人がいるのだろう?

なぜ、ロゴストロンで宝くじに当たる人がいるのだろう?

話しのキモはココでしょう。僕は滅多に宝くじを買わないので、そもそも当たるとも思っていないのですが、毎年、宝くじを買っているという方なら、ロゴストロン発信機があれば、載せてみたい!と思うのはごく自然な欲求だと思います。

問題は、なぜ、特定の人が何度も当たるのか?ということだと思うのです。

あるいは、スタッフの大島さんは、ミニロゴストロンから始まって、ロゴストロンL、ロゴストロン100、ロゴストロンCFB35KHZ…と順調に新機種を手にして、現在はCFB Ampire 35KHzを手にするに至っています。どうしてこんなことができるのでしょうか?

それは、公に還元しようとしているものの違いにあると思います。

僕は正直言って、Ampireのようなロゴストロンを持ってみても、それをしっかりと活用できるとは思えません。そのためには、まだ自分の意識進化が足りていない気がします。

仮に、宝くじに当たることを祈念しつつ、「宝くじ載せ」をやったとして、いざ本当に当選したとき、「公」に合致することをできるかどうかです。

たとえば、その当選金が「事業の立ち上げ資金に使う!」…だと、別に公ではないですよね?基本的には、その事業は個人に利益をもたらす目的が背景にあります。「公のために使う!」…と紙載せしていても、いざ宝くじが当たった時に、それを何に使うかは、「私」の内側にあります。なぜ当たらないの?!…という理由は、最初から自分の中にあるのです。

僕は、宝くじで一等など当てようものなら、きっと自分のために沢山使ってしまうと思います(爆)。

お金の観念は手放していると思うけど、僕が心底何を考えているかなんて、まだ信用できないし、人間は弱いですからね。多額のお金を見たら、冷静でいられる自信がありません(笑)。

多額の当選金を本当に公に使えるだろうか?

前述の宝くじに当たるという方もそうですし、大島さんを見ていても感じますが、大型本体機を持って、自分のためにのみ、これを使おう…という感じが微塵もありません。地域の活性化とか、人々の健康や意識進化と真摯に向き合っていて、やはり、こういう方が持つべきものを持つのだろうなと思います。

ロゴストロンに宝くじ載せをしてみよう!

宝くじを買ったという方は、ぜひ「宝くじ載せ」をしてみてください。そして、「公のためにこの当選金を使う!」…と宣言してみて下さい。

その宝くじは、当たるかも知れないし、当たらないかも知れません。ただ、その結果には向き合う必要があります。

当たっていれば、今度はそれを公のために使えるか?…ということが試されます。

外れていれば、自分のありようがどこにあるのか?ということを試されています。

どちらの結果であっても、自分のありようが正直に問われます。
(前述の宝くじに何度も当選した方も、自分のために当てようとした時は全く当たらなかったそうです…)

当たった場合は、それをこっそりと、自分のために使ってしまうこともできますが、「公」には背きます。それは、後々まであなたの心にずっとエネルギーとして残りますから、何かの折に反転して人生に影響するかも知れません。

同様に、外れた場合も「何だ外れたじゃん!」…と表面的なものだけを捉えていたのでは何も分かりません。自分の向いている方向が「公」なのか、そのために必要な資金なのか、そもそも何の目的でそのお金を使おうとしていたのかが、全て問われているワケです。

公にとって、本当に必要であれば、「それ」はもたらされると思います。

ただし、「それ」がお金とは限りません。アイデアや、人とのご縁、「それ」を実現するチャンスとの出合いかも知れません。お金は単なる手段でしかないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)