意識進化

ロゴストロンの価格は高い?安い?

ロゴストロンの価格はいくら?

すでに、2200人を超えるユーザーを持つロゴストロンL。ロゴストロンNigiも、2000人を超えるユーザーに利用されています。(2018年9月現在)

あなたにとって、ロゴストロンの価格は高いでしょうか?安いでしょうか?

ロゴストロンの発信機の価格は結構高い

以前も書きましたが、ロゴストロンは決して安価ではないと僕は思います。

一番スタンダードなロゴストロンLの場合、ライトプランで本体が税抜き27万円

僕がオススメしている、ロゴストロンLのスタンダードプランは、税抜き52万円です。

この価格は、あなたにとって高いか?安いか?どう判断すれば良いと思いますか?

以前のコラムでもお伝えしたように、僕は自分のビジネスが本当に苦しかった時期にこの装置を買いました。毎月何十万も赤字を垂れ流している時だったので、当時の僕には、正直「高いなぁ〜」と感じましたが、別の面では【適正な価格】だなと感じる自分がいたのも事実です。

それは、その時点で自分のビジネスを持っていたこと。そして、この装置で何をすれば良いか、目的をハッキリと持っていたからです。

おそらく、ご自身でビジネスをお持ちで、その目的や目標が明確であり、実直に取り組まれている方ほど、意識へのアプローチの重要性はよくご存知のことと思います。この装置の価格はとても安く感じるかも知れません。

反対に、学生さんや、専業主婦など、単に【ゆとり】を確保するために、ロゴストロンLが欲しい!…と思う方には、かなり高価に映るのではないでしょうか。

ロゴストロンを持つにあたって、目的を明確にしておくことはとても重要だと僕は思います。

ロゴストロンを買う目的は何ですか?

ロゴストロンを持つ目的をハッキリさせる

さて、あなたがロゴストロンを【持ちたい!】と思う理由は、ズバリ何でしょうか?

例えば、あなたがタクシーに乗った時。運転手に向けて

「取りあえず、適当に走ってください…」

と依頼したことはありますか?

僕は当然一度もありません(笑)。映画のワンシーンじゃあるまいし…。普通は目的地を告げますよね?

ところが、このロゴストロンに関しては、どこか魔法のランプを期待してしまうのかも知れません。

(何となく)「お金持ちになりたい」

(何となく)「幸せになりたい」

(何となく)「成功したい」

と、自分の目的が曖昧なまま、この装置を手にしてしまう方がいらっしゃいます。

前述のタクシーの例と同じで、曖昧な目的(意志)であなたがロゴストロンから構文の発信を受けても、自分に対して曖昧な意志が投影されるだけで、結局モヤっとした意識になるばかりです。

つまり、目的がハッキリしないうちに、ロゴストロンを手にしてみても、ハッキリしない意識が作られるばかりであり、意味がないように思います。

ロゴストロンの価格は覚悟である

ロゴストロンの価格は、覚悟の大きさである

例えば、高価なフランス料理であるとか、高額なセミナー講座、ネームバリューのあるファッションブランドなど。

しっかりとした価格を払う対価として、納得の行く料理や講義、商品、サービスが受けられるものです。

ただ高ければ良いというものではありませんが、人はその対価を支払うことで、(それ)に対する意識が変わり、行動も明確に変わるものです。

僕はロゴストロンの価格を聞いた時、高いと思いましたが、同時に、その価格を払うだけの価値があると直感しました。それだけの価格を払うからこそ、自分にもある種の覚悟が生まれて、きちんと装置と向き合おうと思えるからです。

私達は、往々にして「安かろう・悪かろう」ということを経験的に知っています。

別コラムで、中古のロゴストロンには注意して頂きたいことについて書きましたが、もし、中古のロゴストロンLを3,000円でもし買うことができたとして…。

一方で、正規の価格、52万円のスタンダードプランで購入した人と比べると、同じ意識のあり方でこの装置に接するのは、まず不可能ではないかと、僕は思います。

かつて、2000年前後に、インターネットでファイル共有ソフトが横行し、海賊版の音楽やゲームソフト、映像などの著作物が大量に出回っていた時期がありました。

例えば、こうした音楽の楽曲1つを取っても、きちんと対価を支払って手にしたものと、無料で手にしたものに対する意識付けは、まったく違うものです。

大抵、無料で手にしたものに対して、人はそれを乱雑に扱い、相応の対価を支払ったものには、それに応じた取扱をしていると思います。

 

僕は、当時の事業にロゴストロンを加えたことで、多くの経験をしました。

その中には、苦い経験もありましたが、トータルでは売上を大きく伸ばし、良い商材や、販売手法、そして仲間とも出合うきっかけを貰いました。

その後、物販の事業からは撤退しましたが、本体を購入した価格とは比較にならないほどのリターンを得たと思いますし、何より、この4年半ほどの間に、根本から意識のありようが変わったことがとても大きいと思っています。

 

★まとめると、

・ロゴストロン発信機(Nigi以外)を持つのなら、その目的を明確にする。

・現実創造をするのは自分の意志であり、ロゴストロンは意志の実現をサポートをする装置である。

・ロゴストロン任せにせず、自分でも然るべき行動を取る。

・安く中古で済ませようとすると、その程度の意識でしかロゴストロンを扱えない。

・正規ルートで購入することにそもそもの意味がある。

 

ということだと思います。もし、ロゴストロン製品を買おうか迷われているのであれば、その前段として、自分はなぜこの装置を必要としているか、理由を明確にして、きちんと納得をした上で購入することが大切ではないかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)