意識進化

ロゴストロンLとNigiの二刀流ってどう?

ロゴストロンLとNigiの2台持ちで効果倍増?!

ロゴストロンLが発売されてから2年が経ち、ロゴストロンNigiが誕生しました。

すると、多くの方がロゴストロンLとNigiの2台持ちをするようになったのですが、2台持ちは有効なのでしょうか?興味深いテーマだと思うので、取り上げてみます。

ロゴストロンLとNigiを2台持ちするのはナゼ?

素朴な疑問として、なぜロゴストロンLがあるのに、ロゴストロンNigiを買い足そうと思うのでしょうか?

僕が想像するに、恐らくはロゴストロンNigiの発信スピードに魅力を感じるからでしょう。

ロゴストロンNigiには、ロゴストロンの最上位機種、CFB35KHzや、Ampireシリーズと同じ、CFB回路が内蔵されています。ロゴストロンLが情報を発信する1倍速(プレミアムプランで最大5倍速)に対して、1400倍速という超高速での情報発信です。

これがどれくらいスゴイかと言うと、ロゴストロンLが1年掛かって発信する情報量を、CFBシリーズは、僅か6時間ほどで完了してしまいます。

仮にこの先50年生きるとして、50年分の情報発信をロゴストロンLで行うか、CFBシリーズで行うかを比較してみれば、その情報量は指数関数的な差となって現れてしまいます。

ざっくり計算ですが、CFB35KHzなら6時間で1年分なら、1日で4年分。1ヶ月で120年分。1年で1440年分。50年なら72000年分!!という途方もない情報量となります。

ロゴストロンLを持ってみたけれど、何だか変化が無い。

…だったら、Nigiも持てば速攻で解決!そう考えてしまうのが人情かも知れませんね。

二刀流が間違い…ではない。

ロゴストロンLとNigi。なぜ二種類あるのだろう?

Nigiのように、コンパクトかつ、CFB回路を搭載した機種を開発できるのなら、ロゴストロンLは販売完了にしても良いとは思いませんか?

以前もお伝えしたように、Nigi自体は意識のうっ滞をデトックスする目的で開発された装置ですから、意志をプログラミングすることはできません。

しかし、CFB回路を小型化できるのであれば、技術的にはコンパクトかつ、意志のプログラミングを可能とする装置は開発できそうな気がします。

現に、今後BETTENというタブレットも出てきますね。

Nigiや、BETTENが作れるのなら、ロゴストロンLは不要!…と感じるかも知れません。しかし、ロゴストロンLは当面無くならないと思います。

ロゴストロンLもまた必要だからです。

ロゴストロンLを普通乗用車とするなら、BETTENや、CFB35KHzのような超高速発信を行うロゴストロンは、いわばF1マシンのようなもの。

その扱い方が分からなければ、マシンに振り回されてしまうか、発信をしても何も効果を実感できずに持て余してしまうかも知れません。

先日のロゴストロン構文書き方講座でも、

『ロゴストロンの大型機を買おうと思っていたけど、Lも使いこなせないのに、大型機を買っても使いこなせませんよね!』と仰っていた方がいました。

実際その通りだと思います。入門用、かつパーソナルな用途にロゴストロンLがあり、業務用、かつパブリックユースとして大型機があるのです。

天地人の「人」に相当するロゴストロンL

ロゴストロンLとNigiの二刀流が間違いではない。

誤解の無いように、2つを持つ事が間違いというワケではありません。

ただ、多くの方が、いわば現実創造を担保するために、ロゴストロンLとNigiを持って「さぁ、現実よ変われ!」といった誤解をされているように思えます。

2つを持つことで現実が変わるのではなく、安定的に効果を引き出すために2つを組み合わせるのであって、所有台数に比例する問題ではありません。

ロゴストロンLも、Nigiも、それぞれ単体で効果を発揮します。

ロゴストロンLは、適切な構文のプログラミングで、意志の実現をサポートしますし、Nigiは手にすることでみるみるうっ滞を取り除いて行くのを感じます。

それぞれを使いこなしていれば、両者を組み合わせて使うことで、意志の実現が加速するのは言うまでもありません。

裏を返せば、前述のロゴストロン構文書き方講座における例のように、ロゴストロンLをまず使いこなしていなければ、2台を持っても、問題がすぐ解消できるとは限らないでしょう。

むしろ、ロゴストロンL一台をしっかりと使いこなしてから、Nigiが必要であるかを検討しても、遅くは無いのです。

ロゴストロンやロゴストロングッズは、数を沢山揃えることに意味があるのではなく、1つ1つをしっかりと使い倒して、効果を実感し、納得してから次へ進むことをオススメしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)