お祓い, お金, 思考, 現実創造, 鎮魂, 願望

可能性思考で生きよう!

可能性思考で生きよう!

”最速ロゴストロン” を早速トライしてくださった皆さま、ありがとうございます。
アンケートの結果を見せていただいた感じだと、現在は、ワープ関連など内輪の方が多い感じですね。

可能性を手にした僕の父

すでに、このブログをアメリカやドイツ、オーストラリア、タイなどからアクセスされている方もいらっしゃるので、今後もっともっと母数が増えてくると、より精緻なアンケートフォームを作れるかな?と考えています。

さて、まだフォームを公開した直後にこの記事を書いているのですが、予想通り、ビジネスマンではけれど収入は増やしたい!…という方が全体の半数以上を占めていて、ロゴストロンを持つことで収入を増やした人が多い印象ですね。そのうち全体の80%以上がビジネスを持っていない方でした。

アンケートフォームにも書きましたが、自分の必要とする収入を手にできる活動が無ければ、その収入を手にすることはありません。これは当たり前ですよね。

この話をすると、いつも思い出すのが僕の父親の昔話です。

僕の父は、戦後の混乱時期に父方の祖父が始めた菓子の卸売をする店の息子でした。
昔のお菓子ですからね、かりんとうとか、おせんべいとか、寒天ゼリーなど、今では見ることも無くなった懐かしいものです。

父が母と結婚した当初、それを軽トラックの荷台に一杯積み込んで、朝から晩まで売り歩いたのだといいます。
日が落ちて暗くなってから、ようやく荷台が空になり、軽トラックのガソリンを給油すると、もうそれだけで赤字という現実。

父は溜息をついて、「…あぁ、これでは全く食べていけない。これから一体どうしよう?」と、頭を抱えていたのだとか。

母は真逆で、地元では有名な宝石屋の長女でしたから、「なーんだ、そんなことで悩んでいるんだったら、お菓子屋は辞めて、うちのお店で働けば良いじゃない!」と父を説得して、次の日から、父は宝石屋の店員として仕事を始めたのです。

可能性を手にしてから発信せよ!

可能性を手にしてから発信しよう!

今でこそ、70歳を過ぎて派手な車に乗るハイカラなじじぃとなった僕の父ですが、この昔話は、可能性思考を持つ大切さを僕に教えてくれています。つまり、その収入を得るための可能性のある仕事をしなければ、それは手にできない!…ということです。

ロゴストロンは意識という五次元に作用します。一方で、お金は仮想現実に近いものですが、四次元側(第四階層)に存在します。
つまり、自分の意識を変えようとロゴストロンでどれほど発信をしていても、その発信しているものと、現実側の行動が合っていなければ、何も生まれないのです。

まだサラリーマンをしていた10年前の僕は、ある種の投資や、混乱期のインターネットビジネスで手軽に富を得ようと、短絡的な発想をしていましたが、まぁ、一杯授業料を払いまくって、すべて外しましたね(爆)。

もちろん、投資活動などで継続的に収入を得ている方もいらっしゃるとは思うのですが、ロゴストロンは少なくとも、「公」には関係の無い用途にはほぼ使えないと思います。

収入ということに話を戻すと、

・自分はいくら必要で
・そのために何を成すか?を意志として発信し
・実際にその行動を取る

という前提が必要です。

・・・ちょっと厳しいですが、その発信する文章が自分に合わないものであればそもそも意志ではないワケです。

つまり、具体的に必要だと思う金額があり、それを築く方法を考えて、その行動を取ろうにも、その方法の部分が自分が望んでいないものだとしたら、ロゴストロンで発信しても形にするのは難しいのです。

これは、自分自身に問う他ありません。
僕は、かつてそれを見極めることができなかったのを思い出します。

金稼ぎの話に飛びついていた自分

金儲けに飛びついていた自分

かつては、稼げる!という話が出ると、真っ先に飛びついて、何とか収益をあげようと、これが自分のやりたいことだ!と、アファーメーションでは結果が出ないので、催眠療法の資格を取って、夜な夜な自分に催眠すらかけていた時期もあります(爆)。

しかし、それでも望んだ結果はまぁ出ません(笑)。…催眠をかけようとも本心で、自分がやりたくないからです。

今回、アンケートフォームの中で、自分のビジネスを持っている方が、失敗を本当に許容できるのなら、祓いと鎮魂を省略するのもアリであると、大胆な選択肢を作りました。

七沢研究所は、かつてワープの一期がはじまった頃に「祓いや鎮魂は装置にさせておけば良い」というスタンスでした。だから、ワープの一期では、あまり祓いや鎮魂に力を入れていなったように思います。

ちなみに、「なみのりふね」など、ロゴストロン関連の装置を作る際も、基本はその境地を掴むことを、装置で実現することを目指して製造するのだといいます。

ただ、現状ではバラつきが多いのです。
白川神道を学んでいる方と、ロゴストロンを発信しているだけの方との間には歴然とした違いがあります。

…それで、多くの方のアンケートから見えてきたことが、「祓いと鎮魂をしましょう!」…だったんですね。

では、祓いと鎮魂をしたら、収入は上がるのか??というと、やはりそうではない(笑)。
その素朴な疑問に七沢研究所の講座では答えていないんですね。なぜなら、七沢研究所の最終目的は、当然、お金儲けではないから。

僕も基本的に同じスタンスを取っていますが、あまりにも結果を出せずに悩んでいる方が多い。だから、可能性思考ということを書きました。

あなたの希望を実現できる、可能性のある行動を取ってください。ただし、それはあなたに「使命」があれば、です。
使命がそこに無ければ、単に苦しい思いをするか、徒労に終わるだけです。

それを見極められるのは自分しかいません。問題はどうやって正しく見極めれば良いのか??

はい。・・・だから、祓いと鎮魂をして、自分を整える、ということです。そうすれば自然と分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)