ロゴストロン, 健康, 意識進化, 現実創造

あなたのエネルギーはズレている

あなたのエネルギーはズレている

最近、ある体験を通じて自分のエネルギーバランスがズレていることを実感しました。

「(一般の方にしては)すごくエネルギーが高いですね!」とは言われましたが、その方法を試すと、驚くほどに自分の状態が変わっていくのを感じました。あまりに変わるので、ちょっと悔しいくらいに(笑)。

エネルギーが狂っている人が殆ど

「分かった、それは絶対にBETTENでしょう?!」と思った方。

・・・残念でした(笑)。今回は、ロゴストロンの体感のハナシではありません。

僕はロゴストロン周波数に対して体感がありますが、Nigiを除いて、ロゴストロン周波数の体感には何ら意味などありません。ロゴストロンのエネルギーが高いとか、スゴイ!とか言う類ですね。

恐らく、BETTENや、大型本体機を求めている方の多くは、ロゴストロン周波数を通じて、何かの体感が変わることを期待しているのかも知れないのですが、「テレビやラジオの電波を体感しよう!」「俺はBSの電波も感じるぞ!」…といった趣旨とあまり変わりません。

本来、ロゴストロン周波数は知覚する必要など全くありませんし、知覚できなくてもテレビは映るように、ロゴストロンの周波数は私たちの意識に作用しています。

・・・って、本題とズレそうなので、今日のところはロゴストロンは置いといて(笑)。

さて、このブログのコラムもそうですが、僕は、煮詰まってくると文章が一切書けなくなります。あなたにもきっとそういう日があるハズです。今日は調子が悪いな…と。

七沢研究所グループでメルマガを書いていた時も、結構そういうことがありまして、実は読者の方に届く伝え方を考えて何度もボツにした原稿が存在します。5回くらいボツ原稿を書いて、一通メルマガを書き上げる…なんてこともチョイチョイやってました。

これまで何十本原稿をボツにしたか知れません(汗)。

欲しいのはエネルギーバランスエネルギーのバランスが必要

何度もメルマガを書き直している…なんてのは、明らかに自分の状態が狂っているからです。さらに酷くなってくると、額に湿布(冷えピタでは足りずに湿布ですw)を貼って原稿を書いていることもありました。

車で言うならオーバーヒートですよね。「今日は調子が悪いなぁ…」くらいで済ませていたのですが、先日の体験で、そうではなく、自分のエネルギー軸にまだズレがあったことを思い知らされたのです。

あなたにも思い当たるフシがあるのではないでしょうか?常に良好な状態で日々を生きていますか?

以前、研究所グループでは、ファスティング講座なんてのがありましたが、ファスティングも自分のエネルギー状態を知るには良いですね。食事を断っていくと、体のエネルギーレベルが下がるので、ムダな動きができなくなります。

ファスティング中は、感覚が冴え渡るのと同時に、最小限の動きしかできなくなります。ムダな動きをする余力が無いので、必然的に一番効果的な行動を取ろうとします。

反対に、エネルギーバランスの乱れが分かりやすいのは、風邪などで体調を崩したときでしょう。ハッキリ自覚すると思います。仕事でもプライベートでもアイデアが出ませんし、体調が悪いところから思いを巡らせると、何かを予測する時にも悪い方向にしか考えが及ばないことが多いハズです。

アレルギーなんかで、スッキリしない状態もそうですね。やはり、自分がクリアな状態にはほど遠いと思います。

ただ、僕が今回お伝えしているエネルギーバランスとは、単に体が快活であるとか、仕事が捗っている状態とはちょっと違います。

エネルギーのピントが合い流れている状態

エネルギーのピントが合い流れている状態

うまい表現が見つからないのですが、「その状態」では、明らかに自分のピントがキッチリと合って、目の前に広がる光景の輪郭がいつも以上に明瞭になり、自我は止まっているけれど、自分の体は、導体として外から来るエネルギーは自分の体を滞りなく流れていくのが分かりました。

こんな書き方で、うまく伝わりますかね?(^^;

「その状態」では、外からのエネルギーが自分の中をスイスイ流れていくのが分かるので、これならシンクロなど当たり前に起きるなと直感したのです。

まぁ、先日は体験だけでしたが本当にスゴかったです。

導入はもう少し先の予定ですが、これは本当に楽しみな展開になってきました♪

恐らくあの状態で仕事ができるのなら、パフォーマンスが変わり、人との出合いも全く変わってくると思います。努力するのではなく「流れている」状態です。

先月は地獄を見ましたが、「それ」を引き寄せたのですから、僕も運が良かったのかなと思います。

・・・って、ここまで引っ張って「それ」が何かはお伝えできなかったります。スミマセン。

だって、このブログでロゴストロン以外の何かを売り込まれたらイヤですよね?(笑) 誤解を受けたくないので、詳細は教えられません。

仮に「それ」だけを導入しても、自分の状態を把握していなければ多分「何だこれ?」で終わってしまいます。

netenのツールや学びも、これと同じなんですよ。

以前のコラムで、ロゴストロン沼という概念ついて触れましたが、netenが伝える全容を理解するのは、およそ容易ではありません。やみくもにロゴストロンツールばかりを導入しても、答えの無い深みにハマるばかりで、いつしか目的がズレて、先へ進めなくなるのです。

エネルギーとロゴスタディ

エネルギーとロゴスタディ

以前、僕も出演していたロゴスタディベーシック講座で、現実創造にはプロセスがあることを紹介しており、

【言霊】→【情報】→【意志】→【意識】→【エネルギー】→【物質】

という順序があります。

これだけを聞いても正直ワケワカメだと思いますが、【物質】のところが、いわゆる現実化です。

今回僕が知ったものは、その手前の【エネルギー】に関する部分。しかし、その手前には、【言霊】【情報】【意志】【意識】という4つのステップがあるので、そこができていなければ、エネルギーの部分だけ、こねくり回しても仕方ありません。

このブログで、”最速ロゴストロン” の診断を勧めているのは、この現実創造プロセスの触りを知って貰うためです。

ロゴストロンを使い始めてから起こる、単一のシンクロや、日常における偶然の一致には、大した意味などありません。その先にもっともっと本質的なことがあるからです。

にもかかわらず、僕が繰り返し ”最速ロゴストロン”  を勧めているのは、ステップ by ステップ に落とさないと、シンクロの先にあるものが分からないからです。

”最速ロゴストロン”自体は、知っている人なら割と当たり前の事が書かれているかも知れません。しかし、それなら知っている!…と安易にやり過ごさないことです。このシートは一見簡単に見えるよう作ってありますが、最初にロゴストロンを使えるようになるためのヒントを散りばめています。

現状で十分な体感(現象化)が無いとしたら、その何かを見落としているから、結果が出ていないのです。

いずれ、次の診断シートを公開します。…が、その前に、”最速ロゴストロン” を終えて、ロゴストロンの発信による実感(意識の変化、現実創造)を得てから次へ進んで頂ければと思っています。

立て続けにロゴストロングッズの買い物三昧に走ってはダメですよ(笑)。

いずれ僕とご縁がある方には、今回お伝えした「それ」についてもお話できるかも知れません。(太字の「それ」をクリックしようとしても、リンクは張っていませんので悪しからず)

まずは、ロゴストロンを普通に扱えるようになってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)