ビジネス, 意識進化, 時間, 現実創造, 能力開発

自分の能力を10倍にする働き方

自分の能力を10倍にする働き方

昨日、”ミニマムイヤシロチの提案” という新しい診断シートをこっそり公開したのですが気付きましたかね?(^^;

スマホでご覧になっている方は、タイトルのすぐ左下に見える、 (通称、ハンバーガーメニュー)をクリックしてくださいね。

ロゴストロンと共に、自分の能力を開発し、生産性を上げ、意識の階層を上げて、公にも貢献する。そのための土台作りがイヤシロチだと思います。

私たちの生産性はまだまだ上がる!

なぜ、ミニマムイヤシロチなんて提案を出したか?というと、ロゴストロンがある程度使えるようになって、次に必要なテーマは場を整えることだから。

私たちが日頃過ごしている場を整えてあげることで、自分の能力は発揮しやすい状況になります。祓いと鎮魂もその1つですね。

ちょっと昔の話をしますが、僕は自分がIT業界のサラリーマンだった頃、当時の社長と考えが合いませんでした。とても優秀な方ではありましたが、会社のために仕事を2つ、3つと掛け持ちすること、長時間会社に尽くすことを評価する方でした。23時くらいに会社に戻ったりすると「もっとガンバレ!」などとエールを贈られたりします。

・・・申し訳ないくらいに、僕はこういう方が苦手です。

いわゆる、体力勝負になるような働き方にどうしても僕は賛同することができませんでした。

もちろん、建前上は仕事を掛け持ちするので、指示だけ出して、手を動かすのは部下にお願いする…となっていましたが、実際部下には荷が重く回らないのです。結局、僕自身が作業量を増やしているような状態でした。

何よりショックだったのは、バブルが崩壊して、父はもう全然儲からない…とボヤいていたのに、「全然儲からない」の金額が、めっちゃ必死で仕事をしていた僕のサラリーマン時代のピーク年収よりずっと高かったんです(笑)。

この時思ったのです。何かが、根本的に間違っている・・・と。

その当時勤めていた会社は、年俸制でしたから、いくら残業しようが、ダブルワークをしようとも、給与は一定でした。サラリーマンをされている方なら、会社の空気が帰り辛い雰囲気だから、なかなか帰れない・・・という方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、そんなことをしていては、人生の貴重な時間を浪費しているのと同じです。

私たちの生産性はまだまだ上がるのですから。

ワークシェアリングに騙されるな!

ワークシェアリングに騙されるな!

そうかと思えば、ワークシェアリングなんて言葉も出てきて、今度は真逆の考え方になりましたね。

いわゆる雇用を確保するために、時間を短縮するという働き方ですが、日本では定着しません。なぜでしょうか?

ワークシェアリング = 労働時間の短縮 = 給与が下がる!

という図式があるからでしょう。・・・この頭でいるうちは生産性なんて上がりません。

あるいは、以前の会社で推奨された、ダブルワーク、トリプルワークのような長時間労働の考えだと生産性はすぐに頭打ちですし、その考え方ではいずれ体を壊します。

「いまの仕事が減ってしまう!」をどう捉えるか?が問題です。

僕は、先日のポストで現在複数の仕事を請け負っているとお伝えしましたが、七沢研究所グループで仕事をしていた時も、WEBサイトの設計をしたり、コラムを書いたり、講座の設計をしたり、講師をしたり、スタッフのパソコン指導をしたり、…と、実に多種多様なことをしていました。他のスタッフの方々も、程度の差はあれ、1つのことのみをやっている方は殆どいないと思います。

しかし、七沢研究所グループでの仕事は、どちらかと言うとダブルワーク、トリプルワークに近い感じでした。ぶっちゃけ、もの凄く忙しかった(笑)。まぁ、それで能力がUPしたので、今は良かったと思いますが。

netenに組織変更をしたとき、代表の小川さんの提案で、「ムダな動きは止めましょう」という方針に変わりました。そこで、これまで仕事を詰め込みまくっていた方針が転換されたのです。僕は研究所グループを離れてしまったので、今はどうなっているかは定かではありませんが、対外的にもシンプルになると思っています。

さて、

自分の能力を10倍に引き上げようと思ったら、どうすれば良いと思いますか?

ワークシェアリングではない。ダブルワーク、トリプルワークのように単純に労働量を引き上げても10倍は到底ムリです。

でも僕らには秘策があるじゃないですか。そう、ロゴストロンが。

自分にレバレッジを掛けろ!

ロゴストロンでレバレッジを掛けろ!

レバレッジとは、”経済活動において、他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率。”(Wikipediaより)

という意味ですが、主にFX取引などで聞かれる話ですね。原義は、テコの原理です。つまり、少ない力で大きなものを効率よく動かすこと。

僕は、自分のロゴストロンに、”レバレッジ最適化構文” という構文を作成して発信しています。

内容を公開しても良いのですが、僕の家庭に合わせて最適化してあるので、多分そのままでは使えません。ポイントだけお伝えすると、

・ビジネスの前提を作る(収入の最適化、労働時間の設定、複数のタスクを実現するための方策、すること・しないことの明確化)

・ビジネスの目的を作る(ビジネスを通じて何を達するのか。自分と公の統合。その目的を決める)

・ビジネスを限定する(パフォーマンスを10倍にするには、自分のすることを限定する。収入目標も範囲を決めて限定する。不要な動きをしない)

・レバレッジをかける(どうすれば、自分の仕事にレバレッジが働くかを定義する。産霊、統合の視点、仕組みづくり)

といったことを構文で作成して発信します。”最速ロゴストロン” をやっている前提で話しているので、構文の書き方には言及しません。

で、結論は、自分の描いている通りに展開しています。それどころか、更にパフォーマンスを上げるためのシンクロまで起き、毎日が驚きの連続です。

最速ロゴストロンのアンケート結果では、ビジネスを持っていないけれど、収入を増やしたい! と考えている方が6割近くいらっしゃいます。

僕もかつてはそうでした。IT業界しか知らなかったので、「ビジネス」と言われても、自分に一体何ができるかなど、独立した当初は、皆目見当も付きませんでした。

ですので、上記のレバレッジ最適化構文を作成&発信する前に、自分の使命を考えてみることです。

そのためには、世の中にどんな仕事があるのか、自分にどんな可能性があるのかを探らなければなりません。

大切なのは、いまの自分にできないことであっても、向いてそうなことは沢山あるということ。

そして、自分ができる活動に対して、その行動はレバレッジを掛けられるかどうか?を考えてみることです。

例えば、スーパーのレジ打ちをしていたら、時給いくらの制限から永遠に抜けられません。

それが悪いと言っているのではなく、レバレッジは掛からないという事実を認めて、ではどうしたいのか?を考えてみることです。

社員という考え方を捨てる。

これは10年以上前から、僕が独立しよう!と思った時に気付いたことですが、”社員” という考え方も実はパートと殆ど同じです。

ある一定時間を場所で拘束されます。それも、ウィークデーの大半をです。非正規雇用でも一緒ですね。

自分の仕事時間が100あるとしたら、会社勤めすることは、その時間をほぼ100使い切ってしまいます。残った時間で、投資やら、大家やら、ネット物販やらの副業を始めようにもうまく行かないのは、残った時間でどうにかしよう…という頭でいるからです。

僕は、現在携わっている仕事で、「100%この仕事には入れません。毎日出社もしません。時々来ます。その代わり、成果は出します!」と宣言して、その通りに実行しています。

1つの仕事には10~20%しか時間を割けません。しかも、僕が仕事をしているのはせいぜい週に30時間です。それ以外の時間は自分のために使ったり、情報収集をしたり、家族との時間に使っています。

恐らく、この『新しい働き方』という書籍が参考になるハズです。

新しい働き方

あと、現代ビジネスのコラムにも、「まもなく「サラリーマン絶滅社会」を迎えることに気づいてますか」という記事が掲載されましたが、まさにこれだと思います。

ワークシェアリングとは、単に時短労働をして、自分の給与を減らす…という発想ではなくて、1つ1つの労働内容と自分の関わり方を考え、レバレッジを掛けつつ、最適な関わり方をすること。

これから、否応なしに超高齢化社会、消費税の増税など、生きにくい世の中へと変わっていきます。そこで必要なのは、給与を減らして我慢する暮らしではありません。長時間労働で健康を害するような過酷なブラック企業で働くことでもありません。自分の労力を最小限にして、最大の効果を発揮する仕事を複数持ってみること。

会社勤めをしている私はどうすれば…?と思っているうちは何もできません。現在、安藤百福さんをモデルにした連ドラが人気のようですが、安藤百福さん、スティーブ・ジョブズ、孫正義さんなど、大きな功績を残している方がどんな視点を持っているか見てみるのは刺激になると思います。

もちろん、いまここに書いたコラムは全員ができることではありません。直線的な思考を捨てられない方の方が圧倒的に多いと思います。僕もどうして自分にこんな働き方ができるのか不思議なくらいです(笑)。

それでも、このブログ読者の何割かは、きっと可能性をお持ちのハズです。

ロゴストロンを使い、場を整え、意識を空にして、意志を発して下さい。鎮魂をして、産霊を起こしましょう。私たちの能力はもっと無限に拡大し続ける可能性に満ちています。

↓面白いと思ったらSNSボタンでシェアしてくださいね。応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)