問題解決, 意識進化, 現実創造, 能力開発

スピードと精度を上げよう。

スピードと精度を上げよう!

こんにちは、たなべです。いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

ロゴストロン ジャーニー(Logostron Journey)ですが、今回の記事をもってしばらくお休みに入ります。

今後は月に1本書くかどうかです。たぶん、しばらく書けないと思います。その代わりに、今日は大切なお話をしておきたいと思います。それは、「スピードと精度」です。本日もよろしくお願い致します。

いま必要な意志を実現させる。

いま必要な意志を実現させる。

2018年も12月です。もう今年も終わろうとしています。

来年は年号も変わり、オリンピックも控え、消費税も上がる…なんてオマケも付いてきますが、否応なしに時代はどんどん移り変わります。ボーッと過ごしていると、5年、10年など一瞬で過ぎ去ってしまいます。

思えば、2011年。10年以上勤めた会社を辞めると決め、震災の直後に会社を辞めて、僕は独立しました。

2013年。僕は石崎さんや柳田さんとご縁を頂いて、大きく人生の方向性が変わりました。その当時、自分の人生が変わった…なんて、まったく実感もしていないし、人生を変えるタイツアーなんてのも行きましたが、(ホンマかいな・・・)と心の中では思っていました(笑)。

2015年。(今は無き)国際ロゴシスト協会から、大野さんをはじめ、七沢研究所グループとご縁を頂いて、ほぼ4年間仕事をさせて頂きました。それまで育ててきた物販事業は全て畳んでの挑戦でした。この時思ったのです。「あぁ、僕の人生は全く違うものに変わっている」と。

そしていま、再び七沢研究所グループを離れて、幾つかの新規事業に関わっていますが、もうハッキリ言って全然別の人生です。いまは誰に指示されるでもなく、誰の顔色を伺うでもない。固定の給料に縛られることもないし、時間や場所に拘束されることもありません。

全てを決めているのは自分であり、自分の意志です。いま、必要だと感じているものをカタチにするべく、活動しています。

それは、優しい温もりとか、平和な日々など、そんなものではなく、かと言って冷徹で非常なものでもなく。「ありてある」(あるからある。I am that I am)の世界です。

必要な人やチャンスとスイスイ繋がる一方、不要な関係はバッサバッサと容赦なく整理されていきます。

直線的に人生を生きているだけでは、こうした変化は訪れませんし、受け取ることもできません。

直線的とは、昨日やっていたことを、今日も、明日も、1年後も…と続けているだけの日々ですね。

いま、自分がやっていることが正しいのか、これを今後も続けていきたいのかは、自分自身で問う他ありません。僕も含めて、誰にも正解など分からないのです。

もちろん、僕も自分が今関わっている事業が「正解」かどうかは知る由もありません。ただ、それが「公」かどうかの判断は付きますし、自分の直感と、社会情勢や人口動態などを見て、その事業に参入するのが適切かを判断しています。それが間違っていたら、それをぶっ壊して次へ進むほかありません。

また一年が過ぎ去ろうとしている中で、ただ手をこまねいていいても人生は変わらないし、世の中を変えることもできませんね。

意志を実現させるには、スピード感を持つこと、そしてそれを乗りこなす精度を上げなければなりません。

 

意志は消えてしまう。

意志は消えてしまう。

私たちが「あっ、そうだ!」と思い立っても、3~4日も経てば、その決意は薄れ、1週間もすると、ほぼ元に戻り(笑)。一年も経つ頃には、そんな決意をしたことすら忘れているかも知れません。

ちょっと考えてみて欲しいのですが、私たちは、頭の中に1つのイメージをアリアリと思い浮かべ続けることはできないハズです。

例えば、自分の欲しいものだとか、好きな人の顔とか、好きな食べ物であるとか。目を閉じて頭に浮かぶ映像はほんの一瞬ですよね?すぐに他の雑念でグチャグチャに上書きされてしまうか、他の映像や音などに上書きされて、1分もすると別のことを考えているかも知れないのです。

だから、素晴らしいアイデアを思いついたら、僕は即座にそれをメモしています。恐らく、多くの型がスマホを持ち歩いていると思うので、メモを取るためのオススメツールはGoogle Keepです。

思いついたことを委細に至るまでメモする必要はありません。たった一つ、全体像を思い出せるキーワードだけメモしておけば十分でしょう。

それが、すぐに実現できるものではなくても、そうしたアイデアを漂わせておくこと。または、「自分が実現したいこと」としてロゴストロンから発信するのは良いアイデアですし、その実現に向けて意識を向けておくと、必要なピースは自然と埋まって行きます

何も変わらないという方は、いつもの通り、”最速ロゴストロン” を良く読んで、ロゴストロンを使いこなす下地をちゃんと作っておいて下さい。ロゴストロンを使いこなしていることを前提として話しをしています。

コンピューターは速いものを使え!

コンピューターは速いものを使え!

私たちの意識進化を圧倒的に加速させているロゴストロン。その変化は意識の中で起きていますよね?

詳しくは、ロゴスタディベーシックに譲りますが現実創造のプロセスは、

言霊 → 情報 → 意志 → 意識 → エネルギー → 物質

の段階を踏みます。このうち、言霊から意識までの部分が、宇宙(すべて)から頭の中で展開します。そして、エネルギー(時間)を伴って、物質化、すなわち現実化する流れで、現実創造は進みます。

ここで理解して置かなければならないことは、意識までの流れと、エネルギーから先、時間を使って現象化するまでの流れは、まるでスピードが違うということ。うさぎとカメどころではありません。ナマケモノとF1よりも差がある、というくらい猛烈にこのスピードには違うのです。

意志の発動というのは一瞬です。卑近な例で恐縮ですが、「あ、コーヒー飲みたい!」は熟考して、メモを取ってそう思うものではありませんね。時間すら使わない、ほんの一瞬の閃きのようにパっと思いつくことです。

意志とは、常にそうした性質を持っています。「あっ!これだ!」と思った瞬間にすべて決まるのです。

ロゴストロンで実現すべき意志を自分に向けて発信し、それに応じて自分の意識が変化してきて、引き寄せやシンクロが起きているなと感じた時には、すでに現象化へと向かっています。

その現象化の際は、現実に仕事をしたり、打ち合わせをしたり、事業計画を立てたり、資金調達をしたりと、時間を使って「意志」を四次元の中で実現させるため、意志や意識の階層に比べて、多大な「時間」を必要とします

一方で、前述の通り、「あっ、そうだ!」は長続きしません。「鉄は熱いうちに打て」というように、ひとたび現実が動き始めたらコンピュータを駆使しつつ、いち早くその実現に向けて動く必要があるのです。

もし、自分が「これをする!!!」と情熱を傾けているときに、パソコンやスマホの動きがモッサリと、コールタールのように重かったらどうですか?

ロゴストロンユーザーの方で、少なくとも僕がお会いした数名の方は、パソコンの起動だけで数分も掛かるものを使っていました。ちょっと厳しいかも知れませんが、それではダメです。人生は一向に変わりません。

なぜでしょうか?

例えば、目の前で家族が急病で倒れた時、一刻を争う事態で、救急車を呼ぶのに電話を繋げるだけで10分も掛かったらどうでしょうか?焦りと不安で引き裂かれんばかりのもどかしさを感じると思います。

その慌ただしい時間と、いまこの瞬間の時間。両者に差はあるでしょうか?

もちろん、差なんてありません。時は刻一刻と過ぎていきます。多くの方は、ロゴストロンの発信速度にばかり気を奪われてしまいがちですが、そうではありません。

ロゴストロンLだって、一般人の意志実現から比べれば、とんでもなく速いのです。

最新のパソコンにフロッピーディスクを付けて使ったりしないのと同じで、すべてはバランス(最適化)です。ロゴストロンだけ最速にしても意味がありません。パソコンやスマホの動作が緩慢なものを使っているとしたら、それは直ちに見直すようにしてください

柳田さんは、Macbookを長年愛用されていますが、毎年のように、最新スペックのものに買い換えるのだと言います。そこまでしろとは言いませんが、起動に5分も掛かるようなパソコンは、今すぐ真っ二つに折って捨てても良いくらいです。

情報は指数関数的に増え続けています。もう、そんな悠長な時代ではなくなっているのです。

自分の一瞬の閃きを、すぐに電子媒体にプロットできるよう、今の時代に合わせて、パソコンはできるだけ処理速度の速いものを、スマホもできるだけ高スペックなものを使うようにしてください。インターネット回線も、光ファイバーケーブルで、極力速いものを使い、情報のスピードに合わせてあげることが大切です。

自分の精度を上げよう!

自分の精度を上げよう!

ロゴストロンで意志を発信し、自分の手足となるパソコンやスマホ、インターネット回線が、意志実現の妨げとならないように高速なものにできているなら、それに見合うだけの精度を自分の中に持つことです。

思えば、僕は会社員だったころ、一週間の大半をボーっとして過ごしていました。((=_=;))

当時は、ただ忙しいばかりで、それが社会の役に立っているか?とか、何のためにその仕事を自分がするのか?など、根本的なことに思いを馳せる余裕すら全くありませんでした。

目の前の忙しさに圧倒され、疲れて自分を見失い、一週間の大半をボーっとしていたように思います。

「今日は仕事が捗るな♪」と思える日は、一ヶ月に果たして何日あるか・・・。そんな状態だったと思います。

いつも何かを心配しながら仕事をしているような状態でした。

・・・そんなもの、精度なんて上がりませんよね?(笑)

当時の自分を振り返ると、自分が持つパフォーマンスのせいぜい5%くらいしか仕事できていなかったように感じます。すべてロスしており、上司や客先から叱られたり、自分で自分をよく呪ったものです。「どうして俺はこんなに調子が悪いんだ・・・」と。

私たちは、精度を上げなければなりません。生産性…と言い換えても良いかも知れませんが、何だか生産性という言葉は、オートメーションの機械のようで好きではありません。

私たちは「意志」を持っている。「意識」をちょっと転がすだけで、そこに様々な現実を生む鋳型を作ることができる。

それを現象化するのは、意志と、意識の通りにカタチにすること。つまり、雑念が入ってくるよりも速く実現する必要があり、そのための精度が必要なのです。

祓いと鎮魂だけで十分だろうか?

祓いと鎮魂だけで十分だろうか?

僕は未だに毎日祓いと鎮魂を欠かすことがありません。

七沢研究所グループを離れたのだから、もう必要無いだろう?という声も聞こえてきそうです。もちろん、やらなくっても、誰からも咎められることは無くなっています。

自分を除いては。

祓いや鎮魂をサボると、咎められることはなくても、それは気分や意識のザラつきとなって自分に現れます。まるで、姿勢の安定しないスノーボーダーのようなもので、どんどん移り変わる現実を乗りこなすには、自分が空で、鎮魂し、動かない状態を自分の中で持っている必要があると感じています。

ビジネスマンの方の中には、”最速ロゴストロン” でお伝えしているように、一部祓いや鎮魂をしなくても、結果を出せる人がいますが、第四階層にいる限り、祓いと鎮魂の無い現実創造は、常に危険と隣り合わせです。意志も実現する一方で、トラブルも頻繁に引き寄せていると思います。

祓いと鎮魂のやり方をご存知の方は、短くても良いので続けることです。

それと、食事や睡眠。自分の身体を作り、魂を支えている食べ物は、常に気を配って置く必要があります。それと、十分な休息です。

最近出たSCNAX(スクナクス)は良いですよ。祓いや鎮魂、食事や休息をきちんと取った上での話ですが、スクナクスを飲むと「パキっ!」と意識の輪郭がハッキリしてきて、フォーカスが合うのが分かります。

ただ、あれは原材料費が凄く高いこともあり、とても高価なサプリメントです。D◯Aあたりとは、価格も中身も根本的に違うものです。毎日は難しいかも知れませんが、ここ一番!という日もありますよね?試しに一箱使ってみると良いと思います。あれは本当にオススメです。

なぜ網羅でやっているか?

なぜ網羅でやっているか?

七沢研究所グループは、なぜ色んなことを次々とやっているのか?

多くの方はそのことが理解できません。一言で言ってしまえばそれは「最適化」のためです。

ロゴストロンで意志を発信して、Nigiで鬱滞をデトックスして鎮魂し、お祓いで空になり、鎮魂で五魂を中府に鎮めて地球・全宇宙と一体化し、水を変え、身体を変え、教育を変え、VRで視点を変え・・・。

一見バラバラで無関係のように思えますが、時計の歯車が精緻に連動するように、1つ1つのことには関連性があり、それを繋げていくと全てが回る。だから、全てのことをやっています。

残念ながら終わってしまったようですが、ゴーストバスター養成や、健康講座を取り入れていたのも、SCNAXのようなサプリメントを出してくるのも、階層ごとに自分を整えて、ロゴストロンで発信する意志を実現させるためであり「最適」な「公」に繋がっているからです。

もちろん、何年も掛けて、1つずつそうしたプロジェクトを完成させていくこともできますが、それでは、いつまで経っても人生なんて変わりようがありませんね。祓い、鎮魂などをやりながら、ロゴストロンで意志を発信し、自分のやるべきことを毎日淡々とやっていく。全ては同時共時である必要があるのです。

「意志即実現」と研究所では言いますが、そのためには、時間をたらたらと使っていては時流を逃して、過去を生きてしまいます。いま浮かんだことを、すぐに実現に向けて動くこと。

それを妨げないように、パソコンやスマホはできるだけ速い物を使うこと。祓い、鎮魂で日々自分をリセットすること。食事や睡眠など、物理的な身体の次元で鬱滞を作らないようにすること。

物理的な体調不良や、カルマなど、自分では解決できない問題は、ゴーストバスターや、「なみのりふね」のような手段を使って解消し、常にクリアな状態を作るようにしてください。

僕はかつて、ピークパフォーマンスだけで仕事をしていましたが、今はアベレージで考えるようにしています。瞬間だけ超高速で動くことよりも、平均して、高性能で動くことの方がよっぽど大切ですよね?その精度を日々磨き続ける他ありません。

ロゴストロンの性能ばかりに囚われず、今の自分に必要なものを用意して、スピードと精度を上げるようにしてください。ロゴストロンの大型機が必要なら、それは自然とその時が分かります。

使いこなすアテもないのに、大型機だけ買っても全体でバランスが取れていなければ、単に宝の持ち腐れです。

さて、Logostron Journeyでは、これまで数多くのコラムを約半年に渡ってお届けしてきました。

もう、あなたの意志実現に必要な情報は十分に網羅されていると思います。これから、ロゴストロンを持つという方も、Logostron Journeyを片っ端から読んでいけば、この装置が何であり、これを使って自分が何をしていけば良いのか、そのヒントは掴めると思います。

コラムのネタはすでに500本くらいあり、時間が許すなら、記事はいくらでも書けるのですが、僕にとって、どうしても実現を急ぎたい「公」の案件を幾つか頂いており、タイミングが重要であるため、今後はそこへ注力したいと思っています。

冒頭でお伝えしたように、これからLogostron Journeyは小休止します。が、時々コラムを書くかも知れません。これまでご声援頂いた皆さま、感想を送ってくださった皆さまに、心から感謝申し上げます。応援ありがとうございました

いずれまた、このブログでお会いできる日を楽しみにしています。

また、ごく一部の方は、僕と繋がりを持ち、すでに仕事をご一緒させて頂いている方もいます。誰とでも組めるワケでは無いのですが、いつか、あなたとご縁があれば素敵ですね!

これから訪れる出会いに、感謝の予祝をしつつ、一旦ブログの更新を終わろうと思います。

少し早いですが、今年も残り僅かになってきました。来年こそは!…などと言わず、いまこの瞬間から意志を実現させてください。

過去の栄光にしがみ付くのを止め、意識をいまこの瞬間に合わせてください。意識をほんの僅かに転がしただけで現実創造が起きてくるのが分かると、人生の次元そのものが変わっていくのが分かります。「それ」に気付いた瞬間こそ、ザ・ライフチェンジです!

↓一般の方にもロゴストロンを正しく知ってもらうため、以下のボタンをクリックして応援してください!

スピードと精度を上げよう。”への1件のコメント

  1. このような記事があることを今日知りました。それも休刊する日に?

    nigi日記がこのページだと思い込んでいました。たまたま見つけたこのページ
    読み応えあります。さらに読み込みます。
    でも、残念です。

    田名部さん、やっぱり何かやるのですね。
    応援します。

    そんな日に見つけたのは何あるのかなあと(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)