意識進化

あけましておめでとうございます。

2019年もいよいよ始まりましたね。

元旦は、朝からお祓いと鎮魂を行い、そのあと家族と初詣に行って来ました。

今年は、僕の関わるある重要なプロジェクトが2つほど走りはじめます。
それらが無事ローンチできるよう、宣言をしてきたというワケです。

また昨年末は、その最適化をサポートをする構文を幾つか作成して発信を行いました。

あなたは、2019年をどんな形でスタートさせましたか?

・・・恐らくですが、僕のコラムをお読みくださっている方の中にも、何名かはこの新しい事業に関わる方がいらっしゃるのかも知れません。

予祝ではありませんが、もしご一緒させて頂ける場合にはどうぞよろしくお願い致します。

昨年を振り返って。

振り返ると、昨年は本当に目まぐるしく変化をした一年でした。
昨年の正月は七沢研究所グループのメルマガでコラムを書いていましたっけ(笑)。

七沢研究所グループの体制が切り替わり、昨年10月からnetenとして再スタートしていますが、僕は、9月中頃には七沢研究所グループを離れて、新しい仕事を行っています。

中には、なぜ僕の契約が切れたのか?…と思われた方もいたようです。

「え?田名部さん、お辞めになったんですか?」

と、全然関係の無いセミナーで聞かれたりもしました。世の中狭いです(笑)。

多分、このコラムをお読み頂いている方の中には、なぜ僕が七沢研究所グループを離れたのだろう?と思われた方もいらっしゃるかも知れませんね。

正直、僕もその理由は分かりません(笑)。

ただ、これだけは言えます。「必要なタイミングであったから離れたんだ」と。

契約が終了になりますと、8月末に連絡を受け。
その2週間後、ほぼ何の準備もできないまま研究所を離れました。

正直、連絡を受けたときは焦りましたし、「これからどうしよう?…」と不安に思いましたが、いざ離れてみると、すぐ次の産霊が起きましたね。

・・・まぁ、当然ですが。

実際、使命ではないのに、理由もなく続けている仕事や作業を手放してみること。本当に使命があれば、必然的にそれは訪れるのだなという思いを新たにしました。

それは、「引き寄せ」などとはまるで性質の違うものです。

遠くにある砂粒が、砂時計の砂が落ちる一点に自然と集まるように、自然とただそうなるのだと思います。

今年あなたは何をしますか?

研究所を離れて3ヶ月半ほど。

僕はその間に国内の物販サイトの構築、越境ECサイトの構築、オンラインサロンの設計、WEBコンサル、数十本のコラム執筆、あるプロジェクトのビジネスモデルの設計などを手がけ、ずっとマルチタスク状態が続いています。

短い期間ではあるものの、努力した甲斐もあり、きちんとこれらの新規事業は形になってきています。

しかし、その新規事業が本当に面白くなるのはこれからです。
2019年はまだまだパワーを溜めている段階にあるのかも知れません。

神社では、家族の安全と、公のために僕の関わる事業がしっかりと花開くように、今年一年自分の力を発揮すること。そのために、神々のご加勢をいただけるように意宣りをしてきました。

あなたはもう初詣は済ませたでしょうか?

恐らく、昨年末に伊勢へ行かれたという方もいらっしゃるでしょうし、これからの方もいらっしゃると思いますが、ぜひ初詣で意志の宣言をして来ていただければと思います。

平成がもうすぐ終わる今年は、間違いなく大きなターニングポイントを迎えているからです。

「大きなターニングポイントって、消費税の増税のことかよ?」

という方も中にはいらっしゃるかも知れませんが、もちろんそうしたピンポイントの話をしているのではありません。

世界情勢の大きな変化があり、その中で日本が何をしていくか、私達一人ひとりは何を問われているか?公に対してどんな貢献を果たしていくか?ではないかと思っています。

「公」は自分を含んでいるのですから、世界の諸問題と自分の活動を統合して見ていくことですね。

そうした活動をしっかりと果たしていく中で、税金を含む経済的な諸問題も解消されて行けばそれで良いのかなと。…もちろん、それは一筋縄では行かないでしょうけれど、祓いと同じで淡々とやっていくことのように思います。

意志の宣言が重要。

前述の通り、まだ今年の意志を決めていないという方は、何をするかを決めてぜひ宣言をして来て頂きたいと思います。

もちろん、それをロゴストロンでも発信するようにしましょうね。

「去年からこれといって変わることもないし、新しいことなど何もない」

という方も中にはいらっしゃると思うのですが、何もないから、何も宣言しなくっても良いということではありません。

あるいは、方向性や方針が固まっていないのに、意志の宣言なんてできない!という方もいらっしゃるでしょう。

それでも、将来こうなっていたい!という理想像はありますよね?まずは、理想像に1mmでも近づくための意志を宣言することです。

何か1つでも具体的な行動を始めなければ、それが実現することはりませんね。あまりに当たり前ですが、私たちの目指す「何か」に意識を向けて、そのための行動を取らなければ、シンクロも何も起きては来ません。

だからと言って、その方向性が精緻に固まっている必要は一切ありません。

具体的な「何か」を始めること。常にバランスを取り続けるやじろべえのように、今この瞬間に何が必要かを考えて、軌道修正すること。時には観念を捨て、大胆にやり方を変えてしまうこと。

目的地に向けて、まず進んでみなければ、方向が合っているかも気づくことができません。たとえ真逆に進んでいたとしても、動いているからこそ真逆であるミスに気づくことができます。

つまり、「こうありたい!」という意志があるのなら、実際にその実現に近づくための宣言をして、意識をそちらに向けてから行動を始めてみてください。

(おかしいな。私の目指すものはこれで合ってるんだろうか?)

という感触は、動いているからこそ見えて来ます。

またしばらく更新できそうにありませんが、皆さまどうぞ2019年という平成最後の年を素晴らしい一年にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)